斉藤 たつや ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渋滞対策 国道246号線 御前田交差点 改良工事について

皆さん、こんにちは。

私の地元、長津田地区において、大変に有名な渋滞スポットである、
国道246号線 御前田交差点につきまして、
御前田自治会、長津田自治連合会などから
強い改善要請が行政に継続して行われておりました。

御前田交差点は、1日に約6万6千台が通行する
国道246号と市道霧が丘長津田線が交差する交差点で、
周辺に長津田駅や商業施設も存在し、人と車の混雑が特に激しい交差点です。

同交差点では、平成20年12月20日に、御前田自治会の方々と行政で
「現地診断」を実施し、その後も問題の解決に向けた意見交換を過去5回行うなど、
対策に住民の意見を反映させる取組みを行ってきました。

その際、地元住民からは、以下の意見が出されました。

・交差点での直進車と左折車の分離が必要

・子供が歩道を渡るとき国道からの左折車両が危険

・沿道施設への流出入する車両が渋滞を引き起こしている

・渋滞が原因で生活道路を抜け道にする車両が多く危険

・御前田交差点を含む地域の交通ネットワークの改善が必要

(参考)御前田交差点地元との意見交換会の経緯
 
  ○平成19年12月25日 地元より御前田交差点の渋滞緩和の要望を受ける。

  ○平成20年12月20日 現地診断および意見交換会を実施

  ○平成21年 4月15日 地元住民との意見交換会 地元に対策案の中間報告を実施

  ○平成21年11月27日 地元住民との意見交換会 地元に対策案の中間報告を実施
  
  ○平成22年 1月23日 地元住民との意見交換会 地元に対策案を説明

  ○平成22年 4月24日 地元住民との意見交換会 
               地元へ対策修正案を説明。地元より対策案の了解を得る。

工事実施日: 平成22年7月27日(火)~7月29日(木)

工事 場所: 横浜市緑区長津田、長津田みなみ台 御前田交差点

 施行主 : 国土交通省関東地方整備局 横浜国道事務所

工事 内容: ① 市道の右折レーンを延伸

       中央分離帯にあった、ゼブラゾーンを消して、右折レーンの延伸が行われました。
       場所:霧が丘から長津田駅方面へ OKストアのところ

御前田交差点改良 22.7.28 1

御前田交差点改良 22.7.28 2


       長津田駅から霧が丘方面の右折レーンも、同様に延伸されました。

御前田交差点改良 22.7.28 3


       ② 市道の停止線位置を前出し

御前田交差点改良 22.7.28


       ③ 歩行者・自転車の乱横断防止のためガードレールを設置


御前田自治会内に設置されている、開発対策部のメンバーの方々をはじめ、
特に、開発対策部が主体となって、手作りの交通量調査を相当数、回を重ね、
地元住民が大変に粘り強い交渉を重ねた結果、改良工事が実行されました。

私も御前田自治会の相談役として、地元住民と連携し取り組んでまいりました。

この改良工事によって、どのくらいの効果があるのかどうか、
今後はきちんと検証して、よりお互いが住みやすい、通行しやすい街の実現に向け、
実行してまいります。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/08/13(金) 10:49:56|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。