斉藤 たつや ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

被災者向けの様々な住宅を横浜市が一元的に提供することを始めます。

皆さん、こんばんは。

横浜市では、被災者向けに横浜市の住宅を提供できるよう、
震災後、早い段階で私たち議会側からも要望を行ってきました。

その結果、募集が始まりましたが、すぐに応募がいっぱいになり、
また、手続きそのものも一元化すべきだという課題がありました。

この度、そうした課題を改善し、被災者向けの様々な住宅を一元的に提供することになりました。

被災者のニーズに対応して様々な住宅を用意し、新たに次の取り組みを開始します。

1 住宅相談の窓口・入居手続きを一元化
横浜市が提供できる住宅について、相談から入居手続きまで、
被災者向け住宅相談窓口を開設してワンストップサービスを行います。

被災者向け住宅相談窓口 (市住宅供給公社 住まいるイン)
住所 横浜市神奈川区金港町1-4 横浜イーストスクエア1F
電話 045-451-7761
期間 平成23年6月21日~平成24年3月31日まで、

提供する住宅の種類
社宅
市営住宅
市住宅供給公社賃貸住宅
ヨコハマ・りぶいん
高齢者向け優良賃貸住宅

家賃は、無償と有償があります。

*神奈川県が実施する3次募集(6/21~7/29)の住宅についても情報提供するなど、県・市が連携して進めます。
http://www.pref.kanagawa.jp/prs/p325344.html


2 市営住宅等の提供を常時募集(無抽選)

横浜市営住宅や横浜市住宅供給公社の賃貸住宅については、
これまで、第1次、第2次の入居者募集を行いましたが、
今回(第3次募集)から、『常時募集』 (無抽選)として被災者の方を募集します。
(高齢者向け優良賃貸住宅については、募集(6/28~7/15)・抽選により入居者が決まります。)


3 企業からお申し出のあった市内の社宅を、被災者に提供

 3月24日から被災者の方に提供が可能な空き社宅の情報を募集していますが、
空いている社宅の提供を申し出た企業と、被災者を雇用した企業と連携して、
一時的な住宅を被災者の方へ提供します。

【社宅の提供をお申し出いただいた企業(50音順)】
・和泉電気通信工業㈱
・㈱オオスミック
・㈱三和
・JR東日本㈱
・逗子電設㈱
・㈱全能電機
・㈱田辺工務店
・㈱増田鉄工所
・ヤマト興産㈱
・横浜植木㈱

各社の皆様、ご協力に心より感謝申し上げます。

詳しくは、
被災者向け住宅相談窓口まで、お問い合わせください。

横浜市住宅供給公社 住まいるイン
住所 横浜市神奈川区金港町1-4 横浜イーストスクエア1F
電話 045-451-7761


以上、お知らせします。
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2011/06/18(土) 22:32:10|
  2. お知らせ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。